本文へ移動

長崎一番ハトシロール

ハトシとは ?

ハトシは明治時代に中国から長崎に伝わり、長崎の郷土料理の一つになりました。
ハトシ(蝦多士)はもともと「エビ(蝦)」・「トースト(多士)」の意味で、エビのすり身をパンで挟んで油で揚げた料理を意味します。

ハトシロールとは ?

ハトシにヒントを得て作られた、すり身を食パン生地で巻いて油で揚げた食べ物です。
 
食パンはサクッと中はフワっとした食感が特徴です。

ハトシロール誕生秘話

ハトシロールは、長崎の郷土料理ハトシにヒントを得て、当社が2010年に商品化。
2010年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」が長崎に所縁があることから、長崎らしい新商品を模索する中で生まれました。
 
フードコート等でおしゃれに食べられる商品を目指し、食パンでロール状に巻いた形状になりました。
当初、エビすり身タイプとアジすり身タイプを試作し、地元の天ぷら割烹店で食べ比べをしてもらい、アジすり身タイプで売り出すことが決定。
2010年の長崎ランタンフェスティバルで販売を開始し、好評を頂きました。
 
その後、イワシすり身・アジすり身を主原料にしたプレーンタイプに、チーズ入りタイプが加わり、白身魚すり身を主原料にしたエビタイプも加わりました。
 

こだわり

【魚肉すり身】
プレーンとチーズには、国産イワシと長崎県産アジを使用しております。
えびには、タラやエソ等の上質な白身魚を使用しております。

【玉ねぎ】
国産の玉ねぎを使用し、コクと甘味を加えます。
 
【牛肉・豚肉】
国産の牛肉・豚肉を使用しております。
 
【食パン】
油を吸い過ぎず、サクッとした食感を維持できる食パンを厳選しました。
 
【油】
揚げ油には菜種油を使用し、カラッと揚がるようにしております。
毎日、酸価度をチェックし、新鮮な油を使用しております。
 

受賞歴

2010年 第50回 長崎県水産加工振興祭 農林水産大臣賞 「長崎ハトシロール詰合せ」
2011年 第50回 農林水産祭 内閣総理大臣賞 「長崎ハトシロール詰合せ」

お召し上がり方

冷蔵庫で解凍後、オーブントースターで焼いてください。
オーブントースター(目安) : 500Wで8~9分・1,000Wで5~6分
電子レンジでは食感が変わりますので、使用しないでください。
 

購入できるお店 (2020年7月15日現在)

【長崎一番ハトシロール(プレーン)・(チーズ)・(えび)】
エアポートショップMiSoLa - 海空 - 様(長崎空港内)・スカイショップ様(長崎空港内)・長崎農水産物アンテナショップ様(長崎空港内)・長崎自動車道川登サービスエリア(上り線)売店様すみやホテルニュー長崎店様日本橋長崎館様
当社直営店(籠町店・チトセピア店・東長崎直売店・長崎空港店)
当社オンラインショップ  他
 
【献上ハトシロール】
当社オンラインショップ
 

揚げたてを食べられるお店 (2020年7月15日現在)

【長崎一番ハトシロール(プレーン・チーズ・えび)】
当社直売店(チトセピア店・長崎空港店)

ハトシの日

8月14日を「ハトシの日」として、キャンペーンを実施致します☆

2020年8月12日(水)~14日(金)の3日間、
当社直営店(籠町店・チトセピア店・東長崎直売店・長崎空港店)またはオンラインショップでご購入のお客様に限り、
下記商品を10%割引致します。
 
【対象商品】
長崎一番ハトシロール(プレーン)(3本入)(JAN:4904013901377)
長崎一番ハトシロール(プレーン)(1本・揚げ売り)(チトセピア店・長崎空港店)
長崎一番ハトシロール(チーズ)(3本入)(JAN:4904013901384)
長崎一番ハトシロール(チーズ)(1本・揚げ売り)(チトセピア店・長崎空港店)
長崎一番ハトシロール(えび)(3本入)(JAN:4904013904521)
長崎一番ハトシロール(えび)(1本・揚げ売り)(チトセピア店・長崎空港店)
 
※ 詰合せ(箱入り)は対象外になります
※ 献上ハトシロールは対象外になります
長崎蒲鉾有限会社
〒851-0134
長崎県長崎県長崎市田中町 279 番地 55
TEL : 095-832-0731
FAX : 095-832-0003
魚肉ねり製品等製造販売卸
 
TOPへ戻る